わくわくリフォーム | 小田原 住宅リフォーム

  • トップ
  • わくわくリフォーム | 小田原 住宅リフォーム

わくわくリフォーム | 小田原 住宅リフォーム

寒い季節は、ゆっくり湯船に浸かってリラックス。最高に気持ちいいですよね。

 

しかし、寒い季節の入浴にはヒートショックといった死を招く危険性が潜んでいます。

 

自分自身はもちろん、大切な家族を守るためにも正しく理解することが必要です。

 

ヒートショック

ヒートショックとは

 

ヒートショックとは、急激な温度変化によって起こるショック症状のことをいいます。

 

暖かい部屋から寒い場所へ移動すると、急激な温度変化が起こり血圧が上下に大きく変動し体に負担がかかります。

 

ヒートショックは失神で転倒して頭を打ったり、浴槽に倒れ溺死するというケースが多いといわれています。

 

それ以外にも、心筋梗塞や脳梗塞などをも引き起こす恐れがあり注意が必要です。

 

なんと年間で17,000人もの方がヒートショックが原因で亡くなっています。

 

寒い冬は暖房をつけている部屋とつけていない浴室やトイレなどでは温度差が10℃以上もあるといわれています。

 

お風呂に入るとき、脱衣所で服を脱ぎ裸になり、その後浴槽の温かい湯の中に入る。

 

こういった入浴の一連の流れで血圧が急激に変化し心臓や血管に異常をきたします。

 

ヒートショックになりやすい人の特徴

 

死亡者の約8割の方が高齢者といわれているので65歳以上の方は注意が必要です。

 

また、糖尿病や血圧が高いといった生活習慣病の方、肥満や睡眠時無呼吸症候群の方もなりやすいと言われています。

 

 

 

ヒートショック対策のリフォーム

 

ヒートショック対策は居室だけではなく、脱衣所や浴槽など家の中での温度差を抑え血圧の変動を少なくすることが大切です。

 

昔ながらの窓のあるタイル張りの浴室は、熱が逃げやすく寒くなりやすいため、入浴の際に温度差が生じ体が冷えてしまう場合があります。

 

それに対してユニットバスは、壁の中に断熱材を入れるので浴室が二重構造となり断熱性が高く、浴室の熱が外に逃げにくいため冬でも暖かさが保たれます。

 

また、浴室換気乾燥暖房機は、立ち上がりが早くスイッチを入れればすぐ暖かくなり、遠赤外線効果により湯冷めしにくくなります。

 

更に入浴する前に「暖房」で浴室内を暖めておくことで急激な温度差を防ぐことができます。他にも「換気」「乾燥」「涼風」といった機能があるので一年中活躍することができます。

 

ご自宅はもちろん、ご実家の浴室を快適にするためにもユニットバスや浴室換気乾燥暖房機のリフォームを是非ご検討ください。

 

ヒートショック対策のリフォームをするならこちらをご覧くだいさい。


ページ上部へ