わくわくリフォーム | 小田原 住宅リフォーム

  • トップ
  • わくわくリフォーム | 小田原 住宅リフォーム

わくわくリフォーム | 小田原 住宅リフォーム

寒い季節は、ゆっくり湯船に浸かってリラックス。最高に気持ちいいですよね。

 

しかし、寒い季節の入浴にはヒートショックといった死を招く危険性が潜んでいます。

 

自分自身はもちろん、大切な家族を守るためにも正しく理解することが必要です。

 

ヒートショック

ヒートショックとは

 

ヒートショックとは、急激な温度変化によって起こるショック症状のことをいいます。

 

暖かい部屋から寒い場所へ移動すると、急激な温度変化が起こり血圧が上下に大きく変動し体に負担がかかります。

 

ヒートショックは失神で転倒して頭を打ったり、浴槽に倒れ溺死するというケースが多いといわれています。

 

それ以外にも、心筋梗塞や脳梗塞などをも引き起こす恐れがあり注意が必要です。

 

なんと年間で17,000人もの方がヒートショックが原因で亡くなっています。

 

寒い冬は暖房をつけている部屋とつけていない浴室やトイレなどでは温度差が10℃以上もあるといわれています。

 

お風呂に入るとき、脱衣所で服を脱ぎ裸になり、その後浴槽の温かい湯の中に入る。

 

こういった入浴の一連の流れで血圧が急激に変化し心臓や血管に異常をきたします。

 

ヒートショックになりやすい人の特徴

 

死亡者の約8割の方が高齢者といわれているので65歳以上の方は注意が必要です。

 

また、糖尿病や血圧が高いといった生活習慣病の方、肥満や睡眠時無呼吸症候群の方もなりやすいと言われています。

 

 

 

ヒートショック対策のリフォーム

 

ヒートショック対策は居室だけではなく、脱衣所や浴槽など家の中での温度差を抑え血圧の変動を少なくすることが大切です。

 

昔ながらの窓のあるタイル張りの浴室は、熱が逃げやすく寒くなりやすいため、入浴の際に温度差が生じ体が冷えてしまう場合があります。

 

それに対してユニットバスは、壁の中に断熱材を入れるので浴室が二重構造となり断熱性が高く、浴室の熱が外に逃げにくいため冬でも暖かさが保たれます。

 

また、浴室換気乾燥暖房機は、立ち上がりが早くスイッチを入れればすぐ暖かくなり、遠赤外線効果により湯冷めしにくくなります。

 

更に入浴する前に「暖房」で浴室内を暖めておくことで急激な温度差を防ぐことができます。他にも「換気」「乾燥」「涼風」といった機能があるので一年中活躍することができます。

 

ご自宅はもちろん、ご実家の浴室を快適にするためにもユニットバスや浴室換気乾燥暖房機のリフォームを是非ご検討ください。

 

ヒートショック対策のリフォームをするならこちらをご覧くだいさい。


依頼する側からすると、外壁塗装についてわからないことが多いですよね。

 

もろもろにかかる費用、適正価格。作業員をずっと見ておくことはできませんし、作業を見ていても、知識がなければ正しく作業をしているかどうかもわかりません。

 

また、塗装が完了してすぐは、表面上、外壁が綺麗に見えます。

 

内部の劣化、ヒビなどは時間が経ってからあらわれるものなので、数か月後に「問題があった」と気づくことが多いです。

 

そのため、外壁塗装は「業者選び」が肝心となっています。

 

良い業者に当たれば、長く機能性をもつ、しっかりとした塗装をおこなってくれるでしょう。

 

しかし、最近、外壁塗装をおこなう業者のなかに、悪徳業者もいます。

 

依頼する側がわからないことが多いために、詐欺をしやすいからです。

 

この記事では、あなたが正しく業者選びができるように、

正しい業者とはどういったところか、外壁塗装を依頼する最適なタイミングについて解説していきます。

 

正しい業者とは?

大手工務店

大手工務店は実績が豊富であり、確かに信頼できそうですね。

 

ただ、料金が高いというデメリットがあります。

 

料金が高いのは、なぜだと思いますか?

 

「ブランド料」ではありません。それだけ「信頼できる」ということでもありません。

 

大手工務店から下請け・孫請け業者への、取次費用によって料金が高くなっています。

 

大手工務店のなかで処理できないから…ではなく、外壁塗装を「簡単な仕事」だと軽視しているため、業者に取り次ぎます。

 

工務店には大工出身の経営者が多く、大工からすると外壁塗装は簡単な仕事だと下に見てしまうようです。

 

しかし、こちらにとっては軽視されるものではないはずです。

 

このようなための取次費用に、お金を払いたくはありませんね。

 

また、料金の高さは、「人件費」にもよります。

 

大手工務店は、営業、事務…と社員が多くいますよね。

 

人件費が高くつくからこそ、ノルマを課せられ、無茶なセールストークをする営業もいます。

 

「即決したら値引きします!」「足場代、無料にします!」

 

大手工務店の営業から言われると、信頼もあって、得だと感じてしまいやすいです。

 

しかし、そのしわ寄せは現場にきます。

 

結果、大手工務店の営業と現場の施主さんとのあいだで意思疎通ができず、希望通りのものができなかったり、ミスが発生したりとトラブルになってしまうことがあります。

そのため、大手だから信頼できるとはいえません。

 

外壁塗装は決して軽視できるものではありませんし、あなたにとっても、とても高い買い物だと思います。

 

だからこそ、大手だから信頼できると即決せず、ほかの業者と比較して、よく検討しましょう。

訪問販売業者の営業トークにご注意を

問販売・ネットで依頼

外壁塗装はなかなかの高額ですので、安い!と思ったら、依頼したくなりますね。

訪問販売の方も、うまいこと言います。

 

「キャンペーン中だから、安くします!」などと言って、なぜ安いのだろうか?という、こちらの疑いをなくそうとしてきます。

 

疑いがなくなると、利益だけがあるように見えてしまいますね。

 

しかし、塗料など裏でいくらぐらいの費用がかかっているかわからないことを利用して、最初は安い価格で引き寄せつつ、オプションをいれて、高額にするケースもあります。

 

または、施工をいい加減におこなったり、塗料を薄くしたりするなどして、見積もりよりも安く施工できるようにする業者もいます。

 

雑におこなった施工は、すぐにはわかりません。

 

発覚するのは1~2年後であったりするため、とくに外壁塗装は手抜きをしやすいといわれています。

 

あまりにも安いこともそうですが、こちらがメリットと思うことばかり言ってくる訪問販売の営業にもご注意ください。

 

実際は現場のことを知らず、ただ契約ほしさにオーバートークをしている可能性が高いです。

 

このような営業と契約してしまうと、お願いしたものと違っていたり、現場が安く済ませようと手抜き工事をおこなう確率がものすごく高くなります。

 

訪問販売やネットなどは安さが目立ちますが、「安物買いの銭失い」の可能性が非常に高いため、おすすめしません。

 

地元の工務店

大手工務店が下請け業者、孫請け業者として、地元の工務店を選ぶことが多いため、現場での経験が豊富だといえます。

 

地元の工務店に直接依頼すれば、取次費用がかからないので、断然、安いです。

 

さらに、社長自身が営業をおこなっていることが多く、ノルマなどがないため、押し売りのようなセールストークをしません。

 

本当に、お客様のためになるよう、お客様の希望に合った提案をしてくれるでしょう。

 

現場との意思疎通もまた、直接やりとりができるため、希望を伝えやすく、円満に進みやすいというメリットがあります。

 

アフターケアもしっかりしているところが多いです。外壁塗装はあとに問題が出てくることが多いので、アフターケアは重要です。

 

地元の工務店が強いところは、その地域に合った外壁塗装をおこなうことができることです。

 

例えば、雨がよく降るところ、日が当たりやすいところ、地域をよく知っていることからこそ、最適な塗料を選ぶことができ、施工してくれます。

 

また、地域に根付いた営業をしていますので、万が一おかしな施工や営業をしてしまうと、すぐに評判が落ちてしまうために、健全な営業としっかりとした施工をしなくてはなりません。

 

ただ安いわけではなく、現場での経験がしっかりある。現場との意思疎通がしやすく、サポートもしっかりしてくれる。

 

地域のことをよく知っている地元の工務店に依頼するほうが安心ですので、強くおすすめします。

また、施工実績のある会社というのも重要なポイントになりますので、施工実績もしっかりと確認致しましょう。

外壁塗装を依頼する最適なタイミングとは?

よく訪問販売で契約させられてしまう理由のひとつに、「すぐ施工しないと、危険ですよ!」と営業に言われたから、ということがあります。

 

外壁が汚くなっていたり、年数が経っていたりして気になっていたときに言われると、本当にそうなのかもしれないと信じてしまうのでしょう。

 

ただ、外壁塗装は、すぐに劣化する、すぐに危険な状態になるということはありません。

 

このような販売トークに騙されないよう、正しいタイミングを知っておきましょう。

 

外壁の寿命

短くて3、4年、長くて10年以上といわれています。

 

塗料によってこの年数は変わります。例えば、アクリル系塗料ですと、4~7年。遮熱系や無機系塗料ですと、耐久度が高く、15~20年ほどといわれています。

 

外壁塗装を依頼するとき、外観が綺麗か汚いかで判断されることがあります。

 

年数が経つと外壁が汚れてはきますが、外壁塗装をする最適なタイミングとはいえません。

 

汚れていたとしても、10年以上寿命がある塗料を使っており、しっかり外壁塗装としての機能を果たしていることもあります。

 

外壁塗装を依頼するのではなく、信頼できる業者にまず相談しましょう。

 

チョーキング現象

チョーキング現象は、最もわかりやすいメンテナンスのサインです。

 

外壁のどこかを擦ってみてください。白い粉が手についた場合は、外壁の塗装が劣化しています。

 

この白い粉は、雨や紫外線によって、塗料が劣化し、粉状になったものです。

 

外壁塗装は外観を綺麗にすることだけではなく、木造であったり、壁の中の素材を、水分から守るという機能があります。

外壁塗装がしっかりしていないと、徐々に水分がなかにはいりこみ、家自体が傷んでしまいます。

 

チョーキング現象が確認できた場合は、なるべく早く外壁塗装を依頼しましょう。

 

雨漏りしていたとき

雨漏りしていたら、外壁塗装が十分じゃないのかもしれないと思って、外壁塗装の業者に依頼する方がいます。

 

確かに、外壁塗装も雨から家を守るために防水加工をしますが、雨漏りの理由の大半は屋根やベランダであったり、建材の接合部や継ぎ目からの侵入であったりします。

 

雨漏りの原因は本当に外壁であるか、雨漏りしたところを探ってみましょう。

 

もし、外壁が原因だとわかったときは、しっかりしている業者だと外壁に水をかけるなどして散水調査をおこなってくれます。

 

訪問販売のなかには、雨漏りを直すといって、調査をおこなわず、防水加工だけおこなうところもあります。

 

これでは根本的な解決はできず、無意味となってしまいます。雨漏りを外壁塗装で直してもらう際は、とくに気を付けて業者を選びましょう。

 

まとめ

外壁塗装を依頼するタイミングは専門的な知識がないとわかりにくいものです。

 

そこへ、訪問販売の営業は、「今すぐ施工しないと危険だ」などと、契約をしなければいけない状況をつくってきます。

 

安いからといってお願いしてみたら、オプションがついて高くなっていたり、施工そのものが悪く、また外壁塗装を依頼しなければいけなくなったりと、「安物買いの銭失い」になる可能性が高いです。

 

本当にあなたが損をしてしまうおそれがあるので、やめておきましょう。

 

チョーキング現象を確認したり、最適なタイミングだと思って依頼するときは、地元の工務店をおすすめします。

 

大手工務店も信頼できるところはありますが、外壁塗装を軽視し、地元の工務店や塗装屋に丸投げしているようなところがほとんどです。

 

その取次費用、くわえて人件費などにお金を払うのは、とてももったいないと思いませんか?

 

それなら、直接、地元の工務店などへ行き、依頼したほうが安いです。

 

現場とのやりとりも直接できるので、希望が伝わりやすく、きっと満足できる結果になるでしょう。

 

外壁塗装はこちらがわからないことが多いので、直接やりとりができることはとても重要です。

 

価格・質ともに納得できるものがほしいなら、私は地元の工務店を強くおすすめしますよ。


オール電化住宅とは、調理・空調・熱源といった家庭の熱源を、すべて電気でまかなっている住宅のことをいいます。
ガス漏れやガスの不完全燃焼による一酸化炭素中毒の心配や火災の心配が少ないという点から注目されています。
実際にオール電化にした場合、どんな家電製品に切り替わるのでしょうか。

 

 

 

1. IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターはガスではなく電磁波を使って加熱する調理器具になります。
火を使わないので、調理中に服や布巾などに火が燃え移る危険性が大幅に低くなるため、お子様のいるご家庭でも安心して使用していただけます。

1-1. Hクッキングヒーターの火力

 

まだまだ世の中には、IHクッキングヒーターは火力が弱いという認識を持ってらっしゃる方もいますが、実は立ち上がりも早く熱しやすいため、すぐに強火にすることが可能です。
最新のIHクッキングヒーターは最大火力が3.0kw。対するガスコンロの「強火」は最大でも約2.5kwの火力までしかないため、IHの方が高火力で調理をすることができます。
さらに、火力調節がボタン一つでできるため、ガスコンロのようにレバーで徐々に調整していく煩わしさがありません。
姿勢もわざわざ屈んで火力を見ることなく、立ったままで簡単にできるという点もメリットの一つといえます。

1-2. IHクッキングヒーターの掃除

 

掃除においても、ヒーター部分は軽く拭くか、汚れが酷い部分は濡らした布や洗剤を染み込ませた布などで綺麗に拭くだけで綺麗になるといったガスコンロと比べても掃除が簡単だと言われています。

1-3. ガス漏れなどの安全性

 

また、磁力によって鍋自体を発熱させるIHクッキングヒーターは、ガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素中毒といった心配もありません。
IHクッキングヒーターは火を使わず直接フライパンや鍋を熱するので、室内の温度が上がる心配もないため、夏の暑い時期にも快適といわれています。

2. 給湯器

 

オール電化ではガスの湯沸かし器に代わり、エコキュートや電気温水器を使用します。エコキュートは夜間に大量のお湯を沸かして貯湯タンクに溜めておき、昼間に使うといったシステムです。
以前では電気温水器(給湯器)と呼ばれる熱源にヒーターを使用するものが主流でしたが、近年では熱源にヒートポンプを使うエコキュートの方が熱効率が良いため、エコキュートの方が浸透しています。

3. エアコン・床暖房

 

オール電化にする際に、ほとんどの方が希望する床暖房では、電気ヒーター式のものとヒートポンプで温めた温水を使うヒートポンプ式のものがあります。人気というところでは、ランニングコストの安いヒートポンプ式温水床暖房の方が人気があります。

4. 気になる電気代は?

 

オール電化の最大のメリットは、やはり光熱費を抑えられるという点ではないでしょうか。
電気を使う時間帯を変えると年間で約2万円程抑えられる場合もあります。オール電化の電気料金プランは、夜間時間帯の電気の単価が割安な設定となっているため、その夜間電力を利用して日中に使う分のお湯を沸かしてくことや、暖房の蓄熱をする仕組みのためです。
つまり、電気代が安くなる夜間帯にまとめてお湯を沸かすことで節約することが可能となります。

エコキュート設置後、給湯にかかる費用はガスと比べて約1/5と低コストとなっています。

ただし、オール電化のメニューは夜間時間帯の料金単価が安く設定されている反面、日中の料金単価が割高と設定されているため、日中にたくさん電気を使用してしまうと電気代が高くなる可能性があるので、お得な夜間時間帯に電気を使うように機器の設定をするといいと思います。

さらに、オール電化にすることによって光熱費を電気に一本化することができます。家計の支出も明確になるうえ、光熱費の節約も電気の事だけ考えればいいので楽になります。

近年の電力自由化にともなって、ご自身のライフスタイルに合った料金プランを選ぶことで、さらに電気代を節約することもできます。

5. 災害に強いオール電化

 

オール電化だと、災害時に停電がおきて電気が使えなくなってしまったら何もできなくなってしまうんじゃないか…
そんなことはありません。実はオール電化は災害に強いといわれているんです。

災害時の飲料水は行政からの給水車で賄えると思いますが、トイレや洗い物などに使う生活用水に困ると思います。
前記した通り、エコキュートは大量のお湯を夜間に沸かして、それを貯湯タンクに溜めておき、昼間に使うというシステムになります。
そのため、停電発生時に貯湯タンクに貯まっている水を手洗いやトイレ用といった生活用水として使用することができます。
一般的にいって約360〜460リットルは一時的に確保することが可能です。
トイレの水として使用する場合、1回あたり3〜4リットル必要になるので、360リットルあれば90回以上は使用できます。
ただ、生活用水として使用することは可能ですが、飲料水としてはそのまま使うことができません。
もし飲料水として使用する時は必ず煮沸してください。

もちろん、電源が供給されていないので、新たに沸き上げはできないため、貯湯タンクのお湯をすべて使い切ったらおしまいになります。また給電されていない時は温度制御もできないので、場合によっては熱いお湯が出てくることもあり、水道水と混合させて適温にして使う必要もあります。

しかし災害時一番必要になると言われているのが水と言われているので、緊急時にこういった水を確保することができるのは非常に心強いと思います。

オール電化の災害時におけるメリットとして、電気の復旧が他のライフラインと比べて圧倒的に早いという点があげられます。
過去の例を見てみると、復旧の順番は、「電気→水道→ガス」となっています。
※2011年3月11日の東日本大震災ではガスが復旧までに5週間かかったのに対し、電気は1週間で復旧しています。(水道は3週間)

オール電化の導入をお考えの方は、一度ご相談ください。

HOUSEラボ不動産では、水まわりのリフォームから耐震・お家まるごとリフォームまで
トータルサポートいたします。

(フリーダイヤル)0120-09-9674

(一般電話)0465-74-1251

(メール)info@0909reform.com

 

無料でお見積もりさせていただきます。
詳しくはこちらからご連絡ください。

■□■□■□■□■□■□■□
お客様の声
■□■□■□■□■□■□■□
リフォームの流れ
■□■□■□■□■□■□■□
スタッフ紹介
■□■□■□■□■□■□■□
よくある質問
■□■□■□■□■□■□■□
施工事例
■□■□■□■□■□■□■□

※リフォームの現場では途中、基礎がボロボロだったり、柱が曲がっていたりなど、実に様々なことが起こります。

リフォームは新築と比べて技術が豊富な職人さんでなければ出来ません。

「万全の対策をしてくれる」そんな業者をしっかりと見極めたいですね(^_-)-☆


夢をカタチに。夢をカナエル
「わくわくリフォーム」

 

今回の夢を叶えたお客様は

足柄上郡大井町の一戸建てのご自宅を

高齢者でも住み心地の良い素敵な住空間へ

リフォームさせて頂きました。

 

 

浴室のリフォーム

築年数も経過していることもあり

昔ながらのタイル貼りの浴室です。

夏場はぬめっとして、冬場は

冷えて足が冷たく湯冷めしやすいんですよね。

このお風呂をまずは解体していきます。

解体するとこのようになります。

浴室はいくら防水になっていたとしても

実は裏側には湿気やカビが繁殖していて

柱や壁が腐っていることはよくあるんです。


そのため、腐った土台や柱、貫(横板)補強をして

床下には土間コンクリート打設工事

(脱衣所と一緒に)していきます。

実は普段見えないような場所に隠れている

このような危険もこれで安心です。


この後はユニットバスを搬入していきます。

雰囲気が出てきましたね。

 

洗面所のリフォーム

脱衣所もまずは解体です。

ひたすら床と壁を解体していきます。


床の下地、根太を組み立て

 

床下点検口のフレームを取り付けます。

脱衣所には元々収納がなかったので、

壁を利用し枠を作り、収納を新たに制作。

プチリノベーションの完成


洗面台も従来の洗面台から

シャワー付きの洗面台へと変更


仕上げには万が一転倒しても怪我をしにくい

クッションフロアを採用。

冬場に裸足で歩いても前よりは寒くありません。

 

キッチンのリフォーム


元々はこのようなキッチンです。

綺麗に使用されていましたが、IHの方が

安全にしようができるということで

キッチンをリフォームしていきます


まずはキッチンを外していきます。


キッチンを外すと床下はこのようになっていますので

ここも浴室同様に床を補強していきます。

断熱材を入れて、フローリングを敷いていきます。


壁にも構造用合板を張ります。

そこにキッチンパネルを取り付けていき

システムキッチンを組み立て、カウンターや

水栓、IHクッキングヒーターを取り付けていきます。


これでキッチンは完成しました。

リフォーム前と比べてもかなりお洒落になりましたね

これで安全に料理ができそうです。

 

トイレのリフォーム


次はトイレです。

トイレは元々狭い個室なので、湿気もたまりやすく

カビも繁殖しやすい場所なんです


トイレを外すとこのようになっており

クロスにカビが繁殖してます。

タンクがあると壁との隙間の掃除が

難しいためにこのようになることが多いんです。


トイレも床と壁を補強していきます。

今まで棚がなかったので、タンクがあった場所に棚を設置

さらにトイレはタンクレストイレを採用

全体的にスッキリしましたね。

さらに座ったり立ったりと面倒になるので、手すりを設置。

これで安心して使用できると思います。

 

玄関・廊下のリフォーム


玄関と廊下の段差にとても悩まれていたということでここを

解消していきます。

扉などの小さな段差って意外とつまずいたり、足の指をぶつけたりと

危険がいっぱいなんですよね。


このような危険な箇所をしっかりと解消していきます

まずは40ミリ床を上げるために、下地を張っていきます

あとはフローリングを丁寧に張っていくだけです


綺麗な床になり、段差もなくなり

快適に歩けるようになりました。

キッチンと同じフロアにに増し張りをして

統一感をだして完了です。

 

軒下の補強工事


湿気で軒天井のベニアがふやけてしまってました。

ベニアを剥がして雨漏りしていないかを確認

雨漏りはしていないかったので

不燃性のケイカルバンを

張り塗装で仕上げました

素敵なリフォームになりました

総工費 : 約590万円

工 期 : 2週間

 

無料でお見積もりさせていただきます。

詳しくはこちらからご連絡ください。

■□■□■□■□■□■□■□
お客様の声
■□■□■□■□■□■□■□
リフォームの流れ
■□■□■□■□■□■□■□
スタッフ紹介
■□■□■□■□■□■□■□
よくある質問
■□■□■□■□■□■□■□
施工実績
■□■□■□■□■□■□■□

※リフォームの現場では途中、基礎がボロボロだったり、柱が曲がっていたりなど、実に様々なことが起こります。

リフォームは新築と比べて技術が豊富な職人さんでなければ出来ません。

「万全の対策をしてくれる」そんな業者をしっかりと見極めたいですね(^_-)-☆



 

今年の梅雨は梅雨らしく雨の日が続きます。早く梅雨が明けてカラッとした天気になってほしいですね。
今回は築30年、 小田原市中村原のI様のご自宅の外壁塗装リフォームのお仕事を頂きました。

屋根はスレート屋根で、太陽光パネルが乗っています。壁はモルタルです。10年前に一度塗装しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の外観です。北側の壁一面に、コケが生えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南側の2階壁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南側1階屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

足場を組立ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シート養生をして、塗装作業の準備が出来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新しく葺く屋根は立平葺きと言います。

材料はガルバリウム鋼板です。

瓦棒葺きとの違いはの垂木の心木を使いません。 

 

破風は板金で覆います


ルーフィングを敷き終わったら

ガルバリウム鋼板の屋根材を張ります

 

雨漏り個所の切妻屋根と寄棟の交差する部分です

板金を立ち上げて雨水の浸入を防ぎます

 


南足柄市 K様のお宅です。

屋根一面に野地板を敷き詰めます。

黒い筒状の物体は、屋根防水の要

アスファルトルーフィングです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


南足柄市 K様のお宅です。

まずは既存の屋根を剥がします。

屋根の種類の名称は瓦棒葺き屋根と言います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存の屋根を剥がし終わり

構造用合板で野地板を敷き詰めて

行きます

 


ページ上部へ